【ジャニーズ】松竹「こどもつかい」スペシャルイベントに行くまでの道のり

f:id:kabimaru:20200822111001j:image

こんにちは。

ひまわりと共にへようこそ!MARUと申します。

 

今更ながら2017年に上映された清水崇監督のホラー映画「こどもつかい」のスペシャルイベントへ行くまでに、私が準備していたことややっていたことをまとめてみました。当日のレポではなく、今後映画関連のイベントを迎えるオタクの皆様の参考になれば嬉しいです。

「こどもつかい」スペシャルイベント

 6月17日の上映日1か月前にスペシャルイベントは行われました。

日時:5月17日(水)
会場:イイノホール

イベントがあるという事は、もちろん申込みもあるし当落もあるので上映2か月前からは情報収集に気を付けていました。

発表前の準備

ほとんどの映画は完成披露試写会や舞台挨拶、大ヒット御礼などのイベントを開催するかと思います。しかし、発表されてから締め切り期間が短かったり、いつもと申込方法が違ったりと慣れないことも多く、何より普段何万人も入るアリーナ・ドーム規模の会場が百~千人前後の小さい映画館で会えるのだから倍率もそれなりに高くなります。
その倍率を勝ち抜く為にも、まず準備として情報を多く知っておく必要があります。

過去のイベントからある程度の日程を推測する

当時、JUMPの伊野尾君が出演していた「ピーチガール」が上映されていたのでその時の状況を参考にしていました。
有岡君と同じJUMPのメンバーとして、きっと同じような内容のイベントになるだろうと思い「上映何日前または何日後にイベントがあるから、その期間バイトのシフトは入れないようにしよう。」などある程度日程を推測して予定を立てて過ごしていました。
特に大ヒット御礼は発表も直前で、なおかつド平日だった為、予想していなかったら仕事や学校で行けなかった人も多いと思います。

過去にどのような方法で申込みができたのか把握する

ジャニーズでは普段ファンクラブ経由で申込みをするのが一般的だと思いますが、映画関連のイベントでは申込み方法が複数存在し、しっかり把握していないと後々知らなかった…ということになってしまいます。
この時に参考にするべきなのが、同じ制作会社の過去作品です。できれば直近のジャニーズ出演作品が良いと思います◎(できれば作品の系統や出演者の年齢・人気が近いもの)
チケットぴあ等の大手サイトだけではなく、初めて聞くようなサイトや雑誌でも多く申込みがありました。しかし、多くの方法で申込みがある分ひとつひとつの当選者数がかなり少ないのも特徴です。制作会社枠やチケットぴあ、ジャニーズファミリークラブなどの中で一番当選者数が多い申込みもチェックしておく必要があるかと思います。

取引用ではないTwitterアカウントの準備

これは今の時代必要か分かりませんが、「こどもつかい」では指定されたアカウントのフォロー・リツイートで応募できる申込みがありました。絶対ではありませんが、フォロー・フォロワーのいない取引垢では当選しにくいように感じました。申込みが始まってからアカウントを新たに作って、フォロワーを増やすのには限界があります。ある程度準備しておくのが良さそうです。

チケットぴあに登録するorぴあカードの発行

映画関連のイベントで必須なのが「チケットぴあ」の登録です。もうすでに登録している方も多いと思いますが、私がおすすめしたいのは「ぴあカード」の発行です。「ぴあカード」というのはチケットぴあが発行しているクレジットカードのことです。

ポイント! ぴあカードを持っていると先行抽選や申込時に当選確率UPが適用となり、当たる確立が上がるカード!
※支払方法はぴあカードに限られます。

初回年会費無料(2年目以降4,180円)の為、お目当ての映画イベントが終了したら即解約すれば何の請求も発生しません。無料なのだから申し込まないなんてもったいないですよね。
ただしクレジットカードの為、ギリギリに作るより余裕をもって発行して、イベント申込時には手元にカードが届いてるようにしましょう。

発表後の申し込み方法

発表から受付終了までの期間が短いので、ここの期間にどれだけ多く申込みができるのかが勝負となります。

雑誌での申込み

雑誌についている応募券やハガキを利用して申込みをする方法です。「こどもつかいスペシャルイベント」の場合は4月25日~遅くて5月1日必着の期限が多かったように感じます。ハガキ記入の手間や期限に余裕をもって投函するためには、なるべく発売日後すぐに購入することがおすすめです。
また、テレビガイドなどのテレビ雑誌は毎週新刊が発行されることや価格が安いことからも在庫がなくなりやすいと感じました。この雑誌に絞る人は見かけたら即購入した方がいいでしょう。
ちなみにこの雑誌もか?!と驚くほど色んな本に応募券がついているのですが、色んな種類を1枚ずつ応募してもあまり意味がないのである程度、購入する雑誌を絞る必要があります。

・金額の高い雑誌
・記入事項が少ない雑誌

私は上記の雑誌に絞って購入しました。

金額の高い雑誌

当選確率を上げるために大量買いするオタクが多いと思いますが、1冊500円の雑誌であっても何十冊も購入するとなるとかなりの金額になります。その為、価格の安い雑誌がまとめ買いされやすく、どうしても倍率が上がってしまいます。金銭的に余裕がある人は、少し値段の高い雑誌に絞ることで倍率を下げることができます。ただ、価格が高い雑誌は映画誌が多く、在庫を確保している書店が少ないのがデメリットです。もし発売前に応募券付の雑誌が分かるようだったら、あらかじめ書店に予約を入れておくことが安心だと思います。

記入事項が少ない雑誌

雑誌を購入しても勝手に応募される訳ではありません。
必要事項をハガキで記入しなくてはならず、その作業が本当に面倒。(その内ネット申込みになるのかな?)
好きなページや嫌いなページ、面白いコーナーなどなど、雑誌に対しての意見を記入しなければならないことが多く、ハガキ1枚を書き終えるのに結構な時間を費やしました。その中でも、申込み希望の映画タイトル名、名前、生年月日、住所、電話番号だけのシンプルな記入事項の雑誌もあるので、大量買いを考える時は記入事項も重要な選択肢のひとつだと感じました。

ファンクラブよりは一般枠を狙う

「ピーチガール」のイベントではファンクラブでの申込みより、雑誌やチケットぴあなどの一般枠の方が前列になる可能性が高いと聞きました。
また、ファンクラブ枠は当選者数が多いですが当落がギリギリになる為、万が一すべて落選した時に出回りがなくて入れないのでは?と思い、一般枠にかけて申込みをしていました。
案の定、ファンクラブ枠で当選しても当日満席で入れなかったという方もいたので、前列の座席を狙っている人や絶対に入りたいと思う方は、ファンクラブ枠より一般枠を狙った方が確実です。

イベント当日

f:id:kabimaru:20200822111119j:image

(写真は当時私がハマっていたsnowのキラキラ加工。画質が悪くてすみません。)

一般枠は始発前から並ぶ人も多い

イイノホールはいくつか最寄りの駅がありますが、その中で最も早く電車が動き出す路線を選びました。そんな本当の始発列車で向かってもすでに20人前後が並んでいたので、他の方は電車ではない方法で始発前に並んでいたのかもしれません。
イイノホールは屋根の下で並ぶことができますが、ビルに囲まれた場所の為、ビル風が強く5月でもかなり寒かった記憶があります。しかし、列が伸びてきてからはビル内で待機できるように案内され、途中トイレへ行ったりご飯を食べに行ったりと、出入自由のかなり融通が利く並び方でした。

一般枠で本人確認なし

当日、一般枠の本人確認はありませんでした。しかし、イベントや当選方法によって確認の有無は様々。念のため本人確認されても大丈夫なように、準備をして行くことをおすすめします◎

一般枠の座席

私は当日一般枠で参加した為、ファンクラブが何時集合だったのか、座席はどうだったのかはわかりません。しかし、一般枠は限りなく時間勝負だったと言えます。
事前に「座席は抽選の為、早めに来てもランダムです」という旨のアナウンスがありましたが、早めに行った方が前列の可能性が高かったです。
もちろん私よりも後ろに並んでいた人が、自分よりも前の座席だったこともありましたが、大体近くに並んでいた人が前後左右に座っていることの方が多かったです。

ポイント! 一・二列目マスコミ関係者
三列目から一般枠

一般枠の最前はC列からになります。ちなみに私は始発から並んで5列目のE列でした。 

f:id:kabimaru:20200822111039p:image

「こどもつかい」スペシャルイベントまとめ

 映画出演が決まると、上映前後しばらくは気の抜けない日々を過すことになります。間際で「時間が足りない」「応募券がない」など後悔しないようにしっかり準備して迎えることをお勧めします。

事前準備

・過去の作品から日程、申込方法を確認
・Twitterのアカウント作成
・チケットぴあ、ぴあカード作成

申込み

・雑誌の購入
・応募ハガキの記入

当日

・一般枠は早めに並ぶ

以上のことが私がイベントに参加するべく行動した内容になります。しかし、私がイベントに申込んだのは数年前となる為、申込方法などがすでに変わっている可能性があります。ぜひご自身でも最新作品の動向を確認しながら、対策を練ることがおすすめします。