ホテル

【宿泊記ブログ】ザ パーク フロント ホテル〜スタンダードフロアのシティビュールームでも大満足!USJ目の前の最高立地〜

こんにちは。

ひまわりと共にへようこそ!MARUと申します。

2021年7月に「ザ・パークフロントホテルアットUSJ」へ、宿泊してきました。

MARUO
MARUO
コンサート目的の遠征でしたが、前日にUSJを楽しみました!

今回は、ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「スタンダードフロア シティビュールーム ツイン」に宿泊してきたので、ホテルや客室についてご紹介します。

  • ユニバーサルスタジオジャパン近くのホテルを探している
  • ファミリーでの利用を考えている
  • ホテルでもUSJの雰囲気を味わいたい

という方に「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」はオススメです。

ザ パーク フロント ホテルとは

ザパークフロントホテルは、USJオフィシャルホテルの1つとして2015年8月にオープンした東急ホテルズが運営するホテルになります。

USJのメインゲートより徒歩1分の距離とパークから一番近いオフィシャルホテルとして人気のホテルとなります。

USJホテル

USJ周辺のホテルは

  1. オフィシャルホテル
  2. アライアンスホテル
  3. アソシエイトホテル

の3つにグループが別けられていて、それぞれ違った特徴があります。

今は新型コロナウィルスの影響で、受けられる特典が限られている為、どの特典が受けられるのかを宿泊前に必ずチェックしましょう。

オフィシャルホテル

オフィシャルホテルに分類されるホテルは

  • オリエンタルホテル ユニバーサル・シティ
  • ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
  • ホテル京阪 ユニバーサル・タワー
  • ホテル ユニバーサル ポート
  • ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ
  • リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

があります。

USJ周辺は建設中のホテルも多く、全体的に新しめなホテルが多い印象です。

初期にオープンしたオリエンタルホテル ユニバーサル・シティは、2021年7月にリブランドしラグジュアリーホテルとしてリニューアルを行いました。

MARU
MARU
ホームページで見てみるととっても綺麗なホテルとなっていました!

「ホテル ユニバーサル ポート」では、ホテル入り口からミニオンの装飾があふれていて、パークから出てもUSJの雰囲気を味わうことができたりと、魅力的なホテルが沢山あって選ぶのに困りそうですね。

オフィシャルホテルの魅力は、とにかくパークを楽しむのに最適な立地とサービスを受けることができる所です。

主な特典としては

  • アーリーパークイン(パークオープン15分前に入場可能)
  • アトラクション待ち時間情報
  • スタジオパス・エクスプレスパスの購入可能
  • コラボレーションルーム・デザイン・グッズ・アメニティ有※
  • ホテル内でパークグッズの購入可能

になります。

※一部ホテル

アライアンスホテル

アライアンスホテルに分類されるホテルは

  • 大阪マリオット都ホテル
  • 帝国ホテル 大阪
  • ホテル日航大阪
  • ホテルニューオータニ大阪
  • リーガロイヤルホテル

があります。

どのホテルもUSJから少し離れた大阪市内にあるラグジュアリーホテルとなり、オフィシャルホテルと比べると有名・老舗ホテルが多く、落ち着いた雰囲気で過ごせると思います。

主な特典としては

  • 1デイ・スタジオ・パスの購入可能
  • コラボレーションルーム有※
  • 直通シャトルバスの運行※

になります。

※一部ホテル

今回、パークで遊んだ後にキャリーケースを引きずりながら、「ホテルニューオータニ大阪」へ向かいました。

電車で約23分程度で最寄りの「大阪城公園駅」まで到着しますが、疲労困憊の状態ではなかなかの長旅に感じました。

友達同士やカップルでの利用、荷物が少ない方、翌日大阪市内で予定がある方等は、アライアンスホテルもオススメですが子供連れや2日以上パークを楽しむ予定の方は、立地的にオフィシャルホテルが良いかなと思います。

アソシエイトホテル

アソシエイトホテルに分類されるホテルは

  • アートホテル大阪ベイタワー
  • カンデオホテルズ大阪なんば
  • クインテッサホテル大阪ベイ
  • シェラトン都ホテル大阪
  • ホテルグランヴィア大阪
  • ホテルシーガルてんぽーざん大阪
  • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • ホテルヒューイット甲子園

があります。

大阪市内から少し離れた神戸などのホテルもあり、アライアンスホテルと比べるとホテルの価格帯が少し下がる為、費用を抑えつつパークを楽しみたい方や関西観光も楽しみたい方にはオススメとなります。

ザ・パークフロントホテルまでのアクセス

ザ・パークフロントホテルへは、最寄りの「ユニバーサルシティ駅」より徒歩約1分。

そしてパークのメインゲート目の前という抜群なアクセスもありザ・パークフロントホテルは、オフィシャルホテルの中でも人気なホテルの一つとなります。

〒554-0024 大阪府大阪市此花区島屋6丁目2番52号

今回私たちは、大阪空港(伊丹)よりユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで運行しているリムジンバスでホテルまで向かいましたが、シャトルバスの降り場からホテルまでは徒歩15分程の距離でした。

ホテルはメインゲートの目の前ですが、シャトルバスの降り場はメインゲートとは逆側に位置しています。

その為、時間に余裕を持って行動するのがおすすめです。

雨の日はキャリケースなどの荷物を持ちながら移動するので少し大変かも・・・。

ザ・パークフロントホテルの駐車場

ホテル1階・2階には駐車場が完備されています。

台数 95台
車種 普通車(高さ1階2.1m/2階2.3m)
入庫可能時間 24時間
宿泊時の料金 宿泊当日13:00〜翌日13:00
3,500円(1泊につき)
上記以外は30分毎500円
レストラン利用時の料金 3,000円以上の利用で3時間まで無料

台数が95台と限られていますが、予約は受け付けておらず先着順となります。

その為、満車時は近隣の有料駐車場を案内してもらえるようですが、クリスマスや年末年始をはじめ連休はパーク近隣の駐車場も満車となる可能性があるそうなので、公共交通機関を利用するのがおすすめだそうです。

ザ・パークフロントホテルへ

ホテルの入口は「ユニバーサルシティー駅側」と「USJのメインゲート側」の2箇所があり、USJのメインゲート側にはLAWSONもあります。

MARU
MARU
閉園に近い時間帯は、コンビニ内がものすごく混雑しているので注意!

ホテル内は近未来だったり宇宙を意識したような内装になっているのかな?という印象を受けました。

まさにUSJの雰囲気にぴったりの空間となっています。

キラキラとしたシャンデリアがラグジュアリーな気持ちにさせてくれるので、パークを出てもワクワクが続きます。

600室近い客室があることからロビーも広々としていました。

それでもチェックイン・チェックアウトの時間帯は混雑が予想されるので、ロビー内も飽きないような近未来的な装飾が待ち時間を楽しませてくれるような気がします。

記念に写真撮影をしている方も多かったです。

日付パネルは何か法則性があるのかな・・?

USJでお馴染みの地球儀もホテル内に設置されています。

ここで写真を撮るのも、思い出になって素敵ですよね。

フロントを奥へと進むと、今度はチケットが購入できるカウンターがあります。

今回、私たちはパークチケット付きの宿泊予約をしていたのでチェックインはフロントで、チケットの受け取りはチケットカウンターでそれぞれ行いました。

カウンターのモニターにはアトラクションの待ち時間なども表示されていたので、ホテルにいながらパークの状況がわかるので便利だなと思いました。

エレベーター内も宇宙空間のようになっていて、まるでどこかへワープするかのような、タイムトラベルでもするような・・・そんなアトラクションに乗っている気持ちになります。

スタンダードフロア シティビュールーム ツイン

今回宿泊したのは「スタンダードフロア シティビュールーム ツイン」

ザ・パークフロントホテルの4〜7階に位置し、比較的お手軽な価格で宿泊できるお部屋になります。

30〜34㎡の広さで最大2〜3名が利用できる部屋となりますが、キャリーケースなどの荷物を広げる場所を考えると大人3人はちょっと狭く感じるかもしれません。

それでもなんと客室の平均平米数がエリアNO1とのこと。

2人だと十分な広さになります。

ベッドの正面にはTV。

今回はコンサートの遠征を兼ねた大阪旅行だった為、ホテルでもコンサート気分を味わいたくてDVDプレイヤーの無料貸出をお願いしました。

DVDプレイヤーは台数が限られているので、貸出希望であれば早めに問い合わせるのがオススメです。

ちなみにブルーレイも問題なく見れました。

  • ミネラルウォーター×2

ホテル内には自動販売機やコンビニもありますが、部屋からでないでミネラルウォーターが飲めるのはやっぱり助かりますよね。

ホテル内にコンビニが入っているので、冷蔵庫の中に何も入っていなくても問題ありません。

冷蔵庫横の扉には

  • 電気ケトル
  • マグカップ
  • グラス
  • アイスペール
  • スティックコーヒー
  • 日本茶
  • 金庫

TV台の隣にはソファーとテーブル。

テーブルはあまり大きくないですが、ここで食事をとることもできます。

シティビュールームの景色

シティビュールームの為、私たちの部屋からは「ホテルユニバーサルポート」がよく見えました。

頑張ればスパイダーマンなどのパーク内が少し見えるかなぁというお部屋でした。

クローゼット・トイレ

部屋の入口すぐ横にクローゼット、そしてトイレがあります。

大人2人で予約をしたので、スリッパも2人分。

と、なぜかキッズサイズも用意されていました。

黒いスリッパは客室内専用となっており、レストランやロビーで履くことはできません。

ただ、コロナ禍ということもあって今回は使い捨てのスリッパしか利用しませんでした。

洗面所

洗面所とお風呂場はそれぞれが独立しているので、使いやすさ抜群。

  • コップ
  • ティッシュ
  • ハンド&フェイスソープ
  • ハンドタオル×2
  • バスタオル×2
  • ドライヤー

基本的に必要なものは全て揃っています。

子どもでも使いやすいように、踏み台が置いてあるのが珍しいですよね。

  • ボディタオル×2
  • 剃刀
  • ヘアブラシ×2
  • 入浴剤×2種類
  • コットン・ヘアゴム
  • シェービングフォーム
  • 綿棒
  • クレンジング・化粧水・乳液
  • 歯ブラシ×2

アメニティーも豊富に揃っているので、こだわりがなければスキンケア用品は持ってこなくても大丈夫そうです。

部屋に用意されているアメニティーの他に、フロントでもスキンケアセットを頂きました。

MINONの化粧水・乳液・UV化粧下地・保湿マスク

MINONは肌への優しさを考えた低刺激性処方を売りにしたスキンケアシリーズになり、ドラックストア等でも販売がある為、知っている方も多いのではないでしょうか?

旅行中の荷物を少なくするためにも保湿マスクは持参しない人も多いと思うので、嬉しいサービスですよね。

そしてフロントではスキンケアセットの他にアルコール除菌スプレーも頂きました。

パーク内では気軽に手が洗えなかったりするので、持ち運べるサイズ感で嬉しいサービスですよね。

お風呂

洗面所とは完全に独立していて、浴槽とは別に洗い場があるので、子供のいるファミリーにとっては嬉しい作りだと思います。

MARU
MARU
USJで思いっきり遊んだ日には湯船に浸かって疲れをとりたいですよね!

  • シャワージェル
  • シャンプー
  • コンディショナー

全てホテルの客室アメニティーとして有名な、ペリカン石鹸のものでした。

香りが良いとの口コミが多かったのですが、残念ながら業務用のみの販売となっているようです。

ザ・パークフロントホテル内の施設

ザ・パークフロントホテル内にはコンビニの他にもレストラン、コインロッカー、コインランドリーなどの施設があります。

ブッフェダイニング「アーカラ」

朝食・ランチ・ディナーとブッフェスタイルで楽しめるレストラン。

シェフが目の前で料理を作り上げるライブキッチンもあり、楽天トラベル朝ごはんフェスティバル@2017では大阪府第一位に選出されるなど人気のレストランとなります。

店内はハワイアンキルトをモチーフとしていて、可愛らしく開放的な印象です。

今回私たちはレストランを利用しませんでしたが、朝からファミリーやカップル、友達グループなど幅広い年齢層で賑わっていました。

コインロッカー

チェックイン前であればホテルのフロントで預かってもらえますが、チェックアウト後はコインロッカーを利用する事ができます。

100円を入れて利用できますが、使用後に入れた100円が返ってくるリターン式のコインロッカーになる為、パーク内のコインロッカー等を使用するよりもお得になります。

私たちは日曜日の開園後に利用しましたが、ロッカーは比較的空きがありました。

コインランドリー

コインランドリーもありますが、設置台数5台と客室数と比べて少ない為、混雑時はもしかしたら待ち時間があるかもしれません。

洗濯機 300円/1回(容量4.5kg)
乾燥機 100円/30分(容量4.5kg)
利用時間 24時間
設置台数 5台

洗濯機の300円の中に洗剤代が含まれていて、洗剤を用意しなくても自動投入で使用できます。

MARUO
MARUO
小分けの洗剤を用意しなくてもいいのは手軽で嬉しいね!

喫煙ルーム

ホテル内は全室禁煙となっています。

喫煙はフロント階の客室エレベーター横に設置されている、喫煙ルームを利用することになります。

テナントショップ

ザ・パークフロントホテルには、タリーズコーヒーやエッグスシングスなど様々な人気ショップが隣接しています。

ただし、ホテル内の駐車場無料サービスは対象外になるので注意。

今回はその中でも「ストロベリーフェチ」という、進化系いちご飴専門店として人気のお店でストロベリーミルクを飲みました!

ここは国内外でも人気のお店が出店することが多いエリアなので、数年後訪れたら別のお店になっている・・・ということも多そうです。気になるお店があれば迷わず入ってみるのがオススメです!

ザ・パークフロントホテル「スタンダードフロア シティビュールーム ツイン」に宿泊してみて

実はザ・パークフロントホテルに宿泊したのは、これで2回目。

最初に訪れた時はオープンしてまだ1年足らずの時期でした。

その時にパークへのアクセスの良さ、そしてホテルの綺麗さに感動して今回もまたこの「ザ・パークフロントホテル」を選びました。

パークが目の前なので、移動が少なく体力に自信のない方や子供連れでの利用にオススメ!

忘れ物や一度ホテルに戻りたいな・・・という時にもホテルが近いということは本当に便利でした。

私はパークが見えないスタンダードルームの部屋であっても十分満足できましたが、

ホテルでもUSJの雰囲気を味わいたいという方は、

  • ホテルユニバーサルポート
  • ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

の方が、ホテルや客室内にキャラクターがいて楽しめるかと思います。

もしくは、パークビューのお部屋であればもっとUSJを味わえるかなと思います。