【新生活】コロナ禍で計画がズレまくった新婚生活1年目を振り返って〜2020年〜

f:id:kabimaru:20201231204130j:plain
こんにちは。

ひまわりと共にへようこそ!MARUと申します。

 

2020年も残すところ今日が最後となりました。

今年は新型コロナウィルスの影響で、当たり前にできていたことができなくなったり、制限されたり、と今までのように生活することが難しかったですね。

そんな2020年は結婚生活1年目の年だったので、私たち夫婦にとっての1年を振り返って残しておこうと思います。

f:id:kabimaru:20201001124213p:plain
MARU

何年か後に、このブログを読み返して「あぁこんな年もあったね」と笑って過ごしていたいね。

f:id:kabimaru:20201001124127p:plain
MARUO

私たち夫婦と、同じ気持ちで過ごした新婚夫婦の方もきっと多いだろうね。

 

 みんなそれぞれ頑張って我慢してきた1年だったからこそ、今日だけは私たち夫婦が本当はやりたかったけど我慢したことについてをブログに綴ります。

共感できる人もそうでない人もいると思いますが、温かく見守ってくださると嬉しいです。

新型コロナウィルスの影響で変わった人生計画

新婚旅行のキャンセル

f:id:kabimaru:20201231203013j:image
私たちは2019年11月に結婚式を挙げ、晴れて夫婦となりました。

この時にはコロナウィルスの心配もなく、思い描く結婚式を挙げれたことやこれから行く新婚旅行について計画を立てたり・・と計画通りの未来が待っていると信じて疑いませんでした。

そんな気持ちで迎えた2020年、

私たち夫婦の新婚旅行先は

フロリダのウォルトディズニーワールドとディズニークルーズラインの乗船

でした。

f:id:kabimaru:20201231203028j:image

貯めたマイルで航空券を予約して、初めてANAのビジネスクラスに乗れるとワクワクしていましたし、ディズニーワールドのファストパスやレストランの予約も、張り切って取っていました。

それが直前でキャンセルに。

f:id:kabimaru:20201001231125p:plain

MARU

仕方がないことだからこそ、余計に悔しい・・・

 

 そもそも、なぜ私たち夫婦が新婚旅行先にフロリダを選んだかというと、

今しか行けないから!

という理由が一番でした。

広い敷地を何日も連続で歩き回り、アトラクションに乗ったりショーやパレードを見たりと、そんなアクティブに自分達だけのペースで動き回れるのは20代で子供のいない今だけだと思い、場所を決めました。

だからこそ、新婚旅行に行けないのは本当にショックでした。

それと同時に、早く子供が欲しいという気持ちも膨らんできました。

f:id:kabimaru:20200930222704p:plain

MARUO

新婚旅行に行くか、諦めて先に子供をつくるか・・・

 

引越し先問題

私たち夫婦は、お互いの職場へ家から歩いて行ける距離の賃貸で生活をしています。

都内の中心地なので生活はしやすいものの、やはり家賃は高額。

元々の計画で行くと、結婚式・新婚旅行とビックイベント2つが終わったら、すぐにでも妊娠しても良いという気持ちでいたので、妊娠中は徒歩で通う気持ち満々でした。

しかし、出産する前に賃貸の更新時期となってしまうので、今のままで少し高めの家を更新するか、都心部から少し離れた低価格で子育てのしやすそうな街へ引っ越しをするのかで悩んでいます。

産休育休で収入が減った時のためにも、家賃については考えていきたいし、将来的には都内から出るつもりではいますが、今引越しをして妊娠中電車に乗って通勤も不安だなぁと、ここでも少しずつ計画がズレているのを実感しました。

f:id:kabimaru:20201001231125p:plain

MARU

人生計画通りなんて方が難しいのは知っているけどね・・

 

 子供欲しい問題

何より1番ズレたなぁと思うのは、やっぱりこれですね。

私たち夫婦は、当初すぐに収まると思っていたので新婚旅行へ行ってから子供を作ろう!と決めていました。

しかし、今になってはいつ終息するかも分からない新型コロナウィルスに合わせていたら、永遠に人生計画がズレる・・と分かってきました。

私は20歳で初めて受けた子宮頸がんの検査からずっと、再検査で経過観察を続けてきました。

だからこそ、早めに子供が欲しかったですし、仕事のタイミング的にも結婚してから2年以内に授かりたいと思っていました。

f:id:kabimaru:20200930223834p:plain

MARUO

子供が産まれるって奇跡だからこそ、可能性のある早い段階からチャレンジしたかったね。

 

新型コロナウィルス流行の中で良かったこと

夫婦で過ごす時間が増えた

時短勤務をしていた時は、必然的に夫婦で過ごす時間が増えましたが、それ以上に

子供がいない夫婦だけの時間

を楽しむことができました。

というのも、お伝えしている通り新婚旅行後すぐに妊娠を考えていたので、新婚生活を2人っきりで過ごす時間も1年くらいだと思っていました。

しかし、この1年夫婦だけで過ごしてみて、韓国ドラマを夜更かしして一緒にみたり、休日は夜までゲームをしたり・・・そんな風に2人で過ごす時間を作ることができたのは良かったなぁと、今はすごく思います。

そして、生命保険を見直したりと将来に向けてもゆっくり考える時間が持てました。

落ち着いたホテルやレストランに行けた

ラグジュアリーなホテルや落ち着いたレストランは、子供連れだと周りの目を気にしてしまったりと少し利用するのにハードルが高いイメージがあります。

そんな今だからこそ行けるホテルやレストランに沢山行けた1年でした。

 もちろん、自粛期間もありしょっちゅう旅行に・・・とは難しいものの、普段だったら選ばないような近くのホテルへも宿泊をしました。

f:id:kabimaru:20201001124246p:plain

MARU

近くのホテルであっても、行って良かったと思えるホテルばかりでした!

 

 貯金ができた

単純に外出や外食が減ったので、その分を貯金することができました。

友達と遊ぶことや職場の飲み会もなくなったので、今までのように洋服が必要なくなったことや、私はジャニーズが好きなのでコンサートが中止になったことも、貯金ができた理由の一つです。

f:id:kabimaru:20201001124127p:plain
MARUO

何が起きるか分からないからこそ、貯金は大事!

 

ブログを始める決心がついた

緊急事態宣言中、これから仕事がなくなったらどうしよう・・・と不安でした。

 そんな時に、大好きでよく読んでいたブログ(特に宿泊記が大好き)を私も始めたいと思うようになりました。

というのも、仕事が休みになったり時短勤務になった時、どこかで人と繋がっていたいと思ったこと。

そしてブログという副業がある、ということを知り開設の決心がつきました。

今は1ヶ月で2,000アクセスという運営状況ですが、読んでくれる人がいてくれて幸せに感じています。

f:id:kabimaru:20201001124213p:plain
MARU

来年もマイペースに更新していきたいです!

 

コロナ禍で計画がズレまくった新婚生活1年目を振り返って

確かに計画はズレて、やりたかったことや行きたかったことが思い通りにいかない1年ではありましたが、何が本当に大切なことで、何が本当は必要なかったものなのかが、自分の中で明確になりました。

新型コロナウィルスがきっかけで気づくことができたのは悔しいですが、この1年があったからこそ夫婦や家族との絆は深くなりました。

f:id:kabimaru:20201001123726p:plain

MARUO

今振り返ると、楽しい時間を過ごせたのも夫婦一緒だったからだね。

 

2020年は結婚式を挙げることのできなかった新婚夫婦の方や、私たちと同じく新婚旅行に行けなかった方など、それぞれの新婚夫婦の方に様々な悩みがあったと思いますが、それも将来

あの時は悩んだけど、あれはあれで良い時間を過ごせたね

と思える未来がくることを祈っています。

f:id:kabimaru:20201001123415p:plain

MARU

私たち夫婦の未来も、そうであって欲しいと信じています!

 

2021年も「ひまわりと共に」そしてMARU・MARUO夫婦をどうぞよろしくお願い致します!